ホーム ▶ 募金をする

  • 募金する トップ
  • 募金の種類・方法
  • 募金の流れ
  • 税法上の優遇措置
  • お礼とご報告

募金をする

みなさまの募金がユニセフの活動をささえています

ユニセフの活動は、各国政府の任意の拠出と、民間の皆さまからの寄付に支えられています。2013年、ユニセフの総収入は48億5,300万米ドル。このうち62%が政府と政府間組織から、29%が民間部門(各国のユニセフ国内委員会)/非政府組織からの拠出で、7%が組織間協力から、2%がその他からの収入でした。世界中の子どもたちが生まれ持った権利を守られ、平和に健やかに成長できるよう皆様のご協力をお願いいたします。

◆募金をしていただくと領収書が公益財団法人日本ユニセフ協会(略:(公財)日本ユニセフ協会)より発行されます。

◆(注)募金を担っているのは、世界36カ国に設けられたユニセフ国内委員会
(日本では(公財)日本ユニセフ協会)です。

ユニセフの財政のご報告

【重要なお知らせ】

  • ◆(公財)日本ユニセフ協会・大阪ユニセフ協会などでは、個別訪問での募金のお願いや物品の販売は一切行っておりませんのでご注意ください。
  • ◆不正に日本ユニセフ協会への寄付をうたう迷惑メールにご注意ください。 「プレゼント当選」などをうたい、当選商品の送料負担金の一部が日本ユニセフ協会に寄付されるなどとする迷惑メール(スパムメール)が出回っていると報告されています。このようなメールと日本ユニセフ協会はまったく関係がございません。ご注意ください。
  • ◆「ユニセフの募金名簿で電話している」などと語る不審な電話が報告されています。 ○○トレーディング、××キャピタルなど、実体の確認できない企業名を名乗り、ユニセフや他の団体の募金名簿から連絡していると騙って、「薬品パンフレットが届いていたら2万円で買い取ってほしい」、「未公開株を買い取る」、「アフリカの子どもたちに投資しないか」などと要求する不審な電話が報告されています。
  • くれぐれもご注意ください。

↑ページの先頭に戻る