ホーム ▶ 学ぶ ▶ 出張授業で学ぶ

  • 学ぶ トップ
  • 大阪ユニセフ協会で学ぶ
  • 出張授業で学ぶ
  • セミナー・講演会で学ぶ
  • 資料で学ぶ

出張授業で学ぶ

ボランティアの出張授業について

大阪ユニセフ協会では、ボランティアを学校等に派遣し学習協力活動を行っています。 ご希望の方は、電話または学習協力依頼票でお申し込みください。 お申し込みは、なるべく出張授業希望日の2ヶ月前の20日までにお願いいたします。
(例)訪問希望日:6月1日の場合→
申込期限:2ヶ月前の4月20日まで

学習協力依頼票はこちら(PDFファイル)
学習協力依頼票はこちら(ワードファイル)


◆また大阪ユニセフ協会では学習協力プログラムを用意しています。

学習協力プログラムの全リストはこちら(PDFファイル/2016年6月更新)

【参考 学習協力プログラム例】
雪マークフォト ランゲージ(約60分)
ワークショップ、解説、DVD
【内容】
  • ・ワークショップ(30分): 1枚の写真を見て、感じたことを皆で話し合います。
    ※写真例 水と衛生、栄養、予防接種、ストリートチルドレン、児童労働  災害、難民、子ども兵士、他
  • ・解説(15分):写真に写った子どもの状況と、厳しい状況にある子どもたちを支援するユニセフの活動について、説明します。
  • ・DVD視聴(15分):「ユニセフと地球のともだち」等
雪マーク100人の村から(約90分)
ワークショップ、解説、DVD
【内容】
  • ・ワークショップ(60分): 学習協力の会場が地球社会として、参加者がその地球社会に住む人になったつもりで、分類されたデータに従って移動することにより、現代社会の問題点を体感します。
    ※テーマ例 5大陸の人口と人口密度、識字率、栄養過剰と飢餓、富の分配の不平等
  • ・解説(15分): 各テーマごとにデータを示しながら、子どもたちが置かれた状況について解説します。
  • ・DVD視聴(15分): 「シュヌン シュヌン」等

↑ページの先頭に戻る